プラグイン ハイブリッド自動車とは?(PHEV)

プラグインハイブリッド車のイメージ現在市販されている
ハイブリット車は自動車の
運動エネルギーを電器バッテリーに変えてバッテリーを充電していますので、ドライバーが外部電源から充電する必要はありません。プラグインハイブリット車の場合は、より大容量のバッテリーを搭載してモーターだけで走る距離を格段に増やす考え方で作られる自動車です。ただし、利用者が充電を行なう手間はかかります。 プラグインハイブリッドというのは、コンセントにプラグを差し込むというのが「プラグイン」の語源となっていますが、ハイブリッド車と電気自動車の利点を生かしたクルマと言えるとおもいます。バッテリーは重量50s〜100sのバッテリを搭載し電機モーターだけで約60kmほどを走行できるクルマです。 街中を走ることの多い人はモーターでの走行分だけでも充分だし、バッテリーが切れても普通のハイブリッド車として走行可能なので大丈夫です。 地球温暖化という地球環境問題にもCO2の削減という社会的要請にも貢献でき、化石燃料に頼らない点でも近未来の自動車だといえるでしょう。すでに経済産業省でも、実用化を目指してバッテリーの高性能化とインフラ整備に取り掛かっている。最大の問題は高性能バッテリーの開発にかかっていて自動車メーカー各社は水面下でも大手電気メーカーなどと提携してバッテリーの開発を急いでいる。 明るい見通しとしては、モーターについてはネオジウムが入手しやすくなり、小型化に成功しています。 そして、パワーエレクトロニクのが急な進歩と相乗効果がシステムとしての実用レベルに近づきつつあります。


パラレルハイブリッド方式
エンジン出力を電気モーターがアシストするが、モーターのみで走行する方法は採用していない。
 (ホンダや他社も採用している。)


シリーズハイブリッド方式
エンジンを発電にのみ使用して、駆動には電気モーターを使用する。
  (トヨタも一部の車種で採用している。)


シリーズ・パラレル方式
走行状態に応じて、エンジンだけで走行したり、電気モーターだけで走行したり、あるいは両方を使用 したりとエンジンと電気モーターを最適制御しながら使い分ける方式。
   (トヨタ・プリウスで採用している。)

この3つの方式で採用されているLIイオン2次電池(リチウムイオン2次バッテリー)に、家庭用電源などの外部コンセントから充電できるシステムのことをプラグインハイブリッド自動車(PHEV)という。
プラグインとは外部コンセントから充電可能なハイブリッドカーの意味。
PHEV(Plug-in Hybrid Electric Vehicle)
<スポンサードリンク>

プラグインハイブリット車とは?

ハイブリッドシステムの多様化

低燃費車、エコカー・タイプ別

低燃費車、エコカー、メーカー各社比較

代替燃料

メリットばかりでデメリットは無い?

優遇税制のメリット

低燃費車、エコカー新着ニュース

エコカー、街で発見!

エコカーの用語解説

リンク集

相互リンク

サイトマップ

個人情報保護方針

スポンサードリンク

>

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 プラグインハイブリット 車,. All rights reserved