プラグインハイブリッド 車の見通し、

このサイトの「たま電気自動車」でも紹介していますが、日本でも戦後には電気自動車はすでに製作されています。問題は電気自動車(EV/Electric Vehicle/エレクトリック・ヴィークル)の航続距離にありました。バッテリーの性能が劣っていたので1回の充電で走れる距離やバッテリーの寿命・耐久性・信頼性が問題でEVの実用性に大きな障壁となっていたんです。
ここがハイブリッドカーやプラグイン・ハイブリッドカーの出発点になります。
ではどうすれば航続距離をのばせるか?
小型エンジンと燃料を積んで、走りながら発電し充電する方式がこのときに誕生しました。
なぜ小型エンジンなのかというと、発電や充電、電気モーターなどの重量がかさむ為に小排気量エンジンだったのです。エンジンの出力だけで走行する駆動力はないもののエンジン発電機を回すことによって発電と充電を繰り返し行い電動モーターで走行するというシリーズHEV(Hybrid Electric Vehicle/ハイブリッド・エレクトリック・ヴィークル)だったのです。しかし、これでもガソリンエンジンで発電しながらバッテリーに充電を行いさらにその電力でモーターの駆動力を得るというプロセスは非常に効率の悪いものでした。そこで考え出されたのが、ガソリンエンジンの出力を駆動力として利用しながら電動モーターの出力でエンジンを補う考えが誕生し、パラレル(HEV)方式が生まれます。
そしてその延長線上にシリーズ・パラレル方式があります。走行状態に応じてエンジンと電気モーターの駆動力をミックスして最適制御を行うものです。
ガソリンエンジンには高燃費と低燃費の領域が存在しますが、その反対に電動モーターはあらゆる点で良好な効率特性があります。これをうまくミツクスして利用しようというのがシリーズ・パラレルハイブリッドなのです。瞬間的に必要な高出力と、その出力を長時間維持させるバッテリーの技術力がかつてはありませんでした。

高出力と高持続力を兼ね備えたバッテリー
プラグインハイブリッドはこのバッテリーの技術革新にかかっています。
また、時代が要求する地球環境に対する配慮という点から見ると、EVは化石燃料を使用しないために地球温暖化物質のCO2の削減という観点からしても有利ですし、これからのエネルギー政策として脱石油化という点からしても大きな可能性を秘めています。
効率良く発電して蓄電時間を短縮してチャージする電池、バッテリーの先進技術は、トヨタと松下電器、三菱自動車とジーエス・ユアサコーポレーション、日産とNECなどが共同で提携関係を結んでいます。

プラグイン・ハイブリッド車の利点
ひとことで言えば、普段街中で中/低速域での走行はEV(電気モーター)で走り、長距離ドライブのときはエンジンを駆動力と発電に使用するハイブリッド・エレクトリック・ヴィークル(Hybrid Electric Vehicle)として使う、いわゆる使い分けができるのがプラグイン・ハイブリッドの利点です。もうひとつは家庭用電源から充電できるという点にありますが、これは家庭用コンセントから得られる電流/電圧の充電で対応可能ということで、まだ短時間に急速充電できるわけではありません。
バッテリーと電池の技術力の進化にかかっていますが、実用化の可能性は大きなものがあります。

さらにこの先に燃料電池を搭載した燃料電池自動車があります。このサイトでもご紹介しましたBMWの水素を燃料にしたクルマがこれに相当します。


<スポンサードリンク>

プラグインハイブリット車とは?

ハイブリッドシステムの多様化

低燃費車、エコカー・タイプ別

低燃費車、エコカー、メーカー各社比較

代替燃料

メリットばかりでデメリットは無い?

優遇税制のメリット

低燃費車、エコカー新着ニュース

エコカー、街で発見!

エコカーの用語解説

リンク集

相互リンク

サイトマップ

個人情報保護方針

スポンサードリンク

>

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 プラグインハイブリット 車,. All rights reserved