燃料電池自動車とは!車の進化。

燃料電池車の問題点は?
すでにホンダは試作車(FCV)を実走公開している《FCX CONSEPT》があり、東京モーターショーでは注目をあびました。2008年にはリース販売を行う予定です。
問題は1台につき、1億円以上という制作費と、貴金属の白金を多用する燃料電池本体をどれだけ安く生産するかにかかります。この巨額な開発費用を負担できるのは国内では、トヨタ、ホンダ、ニッサンの3社になる。
水素と酸素の化学反応で発電する燃料電池車は、無限に存在する水素を燃料にするので、排出ガスは水蒸気だけでエコカーとしては究極のクルマだといえる。すでに試験走行は行われており、首都圏では配送車両として試験を行い、中部地方では燃料電池バスが走行している。国の機関としては資源エネルギー庁の燃料電池推進室がある。


<スポンサードリンク>

プラグインハイブリット車とは?

ハイブリッドシステムの多様化

低燃費車、エコカー・タイプ別

低燃費車、エコカー、メーカー各社比較

代替燃料

メリットばかりでデメリットは無い?

優遇税制のメリット

低燃費車、エコカー新着ニュース

エコカー、街で発見!

エコカーの用語解説

リンク集

相互リンク

サイトマップ

個人情報保護方針

スポンサードリンク

>

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 プラグインハイブリット 車,. All rights reserved