天然ガス自動車とは!車の進化。

天然ガスを燃料として走る車で、ガス自体はもちろんのこと燃焼後の排出ガスにおいても毒性がなくとてもクリーンな車です。ガソリン車と比較するとCO2の排出量を約2〜30%低減できます。
また、天然ガスは硫黄分のような不純物を含有してないので、粒子状物質(PM)や窒素酸化物(NOx)もかなり削減して減少できます。
ガス会社関連や、バス、トラックなど運輸関係から増えつつあります。
天然ガス自動車は燃料の貯蔵方法で分類すると、液化天然ガス車(LNG)、圧縮天然ガス車(CNG)、吸着天然ガス車(ANG)がありますが、一般に普及しているのは圧縮天然ガス(CNG)車で大型車両の
トラックなどを中心に導入されています。日産の小型バス(シビリアンCNGV)やスズキワゴンR CNG車、ホンダシビックGX CNG専用車など。

《CNG専用車:ホンダシビックGX》 《シビックGXの複合材料CNGタンク》
現在販売されているCNG車は、ほとんどが既存の生産車種を改造したもので価格は1.5〜2倍となっています。代表的なものにホンダ・シビックGXがあり、価格は200万円ぐらいで市販されています。

ボルボ(VOLVO)社製、(ボルボ サブフューエルNGV)は補助燃料にガソリンを積載した天然ガス自動車で、このクルマのスゴイ所はNOx95%削減、PM100%という非常に高い環境性能を実現したところです。
天然ガスの供給できない地域や遠距離走行などで、燃料をガソリンと天然ガスの使い分けができます。


●LPガス自動車
プロパンガス、ブタンガスなどの混合燃料、液化天然ガス(LPG)を燃料にして走行するクルマで、低いNOx値でPMや黒煙という有害物質を排除して騒音や振動、臭気を低下させ、ガソリン車と比較して排出CO2を約10%低減している点は大きなメリットといえます。導入している代表的な例は、タクシーが一番多く普及しており、これは燃料コストがガソリンと比較して格段に安いことにあるようです。


●ジメチルエーテル(DME)車
DME車とは、ジメチルエーテル(DME)をディーゼルエンジンの燃料にして走行する自動車です。ジメチルエーテル(DME)は、バイオマスや天然ガス、石炭などを原料にして合成される燃料のことで、そのメリットはNOxを大幅に低減できススや硫黄酸化物の発生がまったくありません。
日産ディーゼル工業(株)ではドイツの交通安全研究所と共同開発を行っており、開発したDME車は国内では、国交省の(次世代エコカー開発・実用化促進プロジェクト)の大臣認定を受け現在、公道を走行する実証実験を行っている。


<スポンサードリンク>

プラグインハイブリット車とは?

ハイブリッドシステムの多様化

低燃費車、エコカー・タイプ別

低燃費車、エコカー、メーカー各社比較

代替燃料

メリットばかりでデメリットは無い?

優遇税制のメリット

低燃費車、エコカー新着ニュース

エコカー、街で発見!

エコカーの用語解説

リンク集

相互リンク

サイトマップ

個人情報保護方針

スポンサードリンク

>

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 プラグインハイブリット 車,. All rights reserved