「マツダ プレマシー ハイドロジェンREハイブリッド」

「マツダRX-8ハイドロジェンRE」より駆動ユニットの出力が約40%向上させており、圧縮水素(350MPa)、ガソリン、どちらでも走行できるデュアルフューエルシステムを採用したバイフューエル仕様の水素ロータリーエンジン搭載モデルで、フロント部分に横置き(従来は縦置きにしていた)にした水素ロータリーエンジンは水素が燃焼するエネルギーを効率よく電気エネルギーに変換しながらモーターで駆動するハイブリッドシステムになっている。
加速性能も大幅に向上されており、水素を使用した時の航続距離は約2倍の200kmとなっている。 5名の乗車定員と荷室容量拡大も実現し、水素ロータリーにマッチしたハイブリッドシステムは、水素の 燃焼エネルギーの高効率に電気エネルギーに変換し、モーターを駆動するものです。 高いエネルギー効率と優れたレスポンスを実現し、低燃費でありながらアクセルを踏むとエンジンとモーターが同期したダイレクト感のある力強い走りを可能としている。
「マツダ プレマシー ハイドロジェンREハイブリッド」デュアルフューエルシステムを採用した水素ロータリーエンジン搭載モデル。マツダ プレマシー ハイドロジェンREハイブリッドの心臓部であるパワーユニット。
そのほかにも、「帝人」などとの共同開発で生まれた植物由来100%のバイオ繊維を内装材に採用して環境負荷を低減させて、よりエコを全面に出している。 幅広い領域で高出力を実現できたのはエンジン配置の変更や燃焼効率の改善、吸排気抵抗のの軽減などがあげられる。航続距離、走行性能、パッケージングなど実用性能が大幅にグレードアップされ、低燃費であって力強い走りが可能になっている。2008年度にはリース販売が開始される予定。

バイフューエル仕様のロータリーエンジンは発電機としてのみ使用する。
駆動する出力は電動モーターのみから得る、シリーズハイブリッドシステム搭載車である。
プレマシーハイドロジェンREハイブリッドの運動特性

発進:      バッテリーの電力で走行

一般走行:   水素ロータリーエンジン/ジェネレーター発電で走行

加速時:     水素ロータリーエンジン/ジェネレーター発電+バッテリーで走行

減速時:     制動やエンジンブレーキの際にモーターで回生し、回生エネルギーを
                       バッテリーに充電

停止:      エンジンはアイドリングストップ、必要に応じてエンジンを再始動して
                       バッテリーに充電


マツダ プレマシーハイドロジェンREハイブリッド、主要諸元
項目数値
全長(mm) 4,665mm
全幅(mm) 1,745mm
全高(mm) 1,615mm
ホイルベース 2,750mm
エンジン 種類RENESIS水素ロータリーエンジン
(デュアルフューエルシステム)
燃料水素及びガソリン
モーター 種類交流同期電動機
最高出力110kW
ジェネレーター 交流同期電動機
バッテリー リチウムイオン(Li-ion)
燃料タンク 水素
35MPa(気圧)高圧水素ガスタンク
タイヤ(前後) 195/65R15 DUNLOP ENASAVE97
(97% 石油外天然資源タイヤ)




このページ、トップへ!

<スポンサードリンク>

プラグインハイブリット車とは?

ハイブリッドシステムの多様化

低燃費車、エコカー・タイプ別

低燃費車、エコカー、メーカー各社比較

代替燃料

メリットばかりでデメリットは無い?

優遇税制のメリット

低燃費車、エコカー新着ニュース

エコカー、街で発見!

エコカーの用語解説

リンク集

相互リンク

サイトマップ

個人情報保護方針

スポンサードリンク

>

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 プラグインハイブリット 車,. All rights reserved