「FCXクラリティ」,ホンダの新型燃料電池車

独創的な思考の元、ホンダが開発した燃料電池スタック「V Flow FCスタック」をメインに新型燃料電池車「FCXクラリティ(Clarity)」が誕生。
「V Flow FCスタック」とはバーチカル・ガス・フローの略称で、V Flowセル構造により水素や空気を縦に流し、水素・空気の流路を波形形状にした「Wave流路セパレーター」との共用でより軽量かつコンパクトさを実現しつつスタックの性能向上も可能にした。
このホンダ独創の技術によりモーターの最高出力100kwまで性能向上し、従来のFCXと比較して重量出力密度は約2倍の67%、容積出力密度も約2,2倍の50%まで高出力化を実現し、より以上のコンパクト化と軽量化も可能にした。
新型FCXクラリティは従来のFCXと比較しても燃費性能でも20%アップ、航続距離も30%伸びたたという。
(Honda測定値)
パワープラントをより効率的な運用と優れたエネルギーマネジメントで、ハイブリッド車と比較して約2倍の走行エネルギー効率60%を達成した。
エネルギー回生効率は「57―58%」を達成し、この数値は通常の小型ハイブリッド車より高い数値だ。 内装面でもインテリアの素材に植物由来の新素材「Hondaバイオファブリック」を使用するなど、より高度な次世代型燃料電池車に仕上がっている。 2008年夏より米国で個人客などを対象に月額600ドルでリース販売を開始する。 日本国内でも型式認証を取得後に、2008年中にリース販売を開始する予定とされている。

ホンダのFCX、という燃料電池車燃料電池スタックと駆動モーター&ギアボックス
燃料電池スタック
最高出力/100kW
容積/62L
重量/67kg
                                                                 駆動モーター&ギアボックス
                                                                 最高出力/95kW


ホンダ、新型燃料電池車「FCXクラリティ」(US仕様)、主要諸元
項目数値
全長(mm) 4.835mm
全幅(mm) 1.845mm
全高(mm) 1.470mm
燃料電池スタック 形式PEMFC(固体高分子膜型)
出力100kw
モーター 最高出力100KW
最大駆動トルク256N・m
種類交流同期電動機
燃料 種類高圧水素ガス
貯蔵方式高圧水素タンク(350気圧)
タンク容量171L
車体重量1,625kg
最高速度160km/h
エネルギー貯蔵リチウムイオンバッテリー
乗車定員4名

         数値は、すべてHonda測定値

このページ、トップへ!

<スポンサードリンク>

プラグインハイブリット車とは?

ハイブリッドシステムの多様化

低燃費車、エコカー・タイプ別

低燃費車、エコカー、メーカー各社比較

代替燃料

メリットばかりでデメリットは無い?

優遇税制のメリット

低燃費車、エコカー新着ニュース

エコカー、街で発見!

エコカーの用語解説

リンク集

相互リンク

サイトマップ

個人情報保護方針

スポンサードリンク

>

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 プラグインハイブリット 車,. All rights reserved