Ford社,「Fusion Hybrid」car 2010年型

シリーズ・パラレル・ハイブリッド方式採用の「Fusion Hybrid」は、直列4気筒エンジン(排気量2.5ℓ)を アトキンソンサイクル化(1882年にジェームズ・アトキンソンによって開発された内燃機関の一種で、容積型内燃機関を基礎に、圧縮比に比べて膨張比を大きくして熱効率を改善したもの)されている。
採用されたバッテリーはニッケル水素2次電池で、これまでのモデルより20%の出力が向上され、 インバーターの分野でも約14%の出力効率がアップしている。

                      Ford社,「Fusion Hybrid」car 2010年型


Ford社,「Fusion Hybrid」car 2010年型、主要諸元
項目数値
採用ハイブリッド方式 シリーズ・パラレル・ハイブリッド方式
最高出力(エンジン) 114kW
バッテリー 高電圧Ni-MH(ニッケル水素2次電池)
最高速度(EVモード) 約75km/h(トヨタCamry Hybridの約2倍)
航続距離(1回の満充填) 約1.120km(700㍄)
燃費(米国燃費基準ハイウエイモード) 16.4km/ℓ(トヨタCamry Hybridより2.52km/ℓ向上)


動画でもご覧になれますが、インストルメントパネルには【Eco guide】という走行状態を表示して ドライバーに走行状態を表示してエコドライブを促すようになっていて、これらのハイブリッドシステムは 「Mercury Milan」にも受け継がれる。

                      SmartGauge package for 2010 Ford Fusion hybrid

2010年に発売予定のFord Fusion Hybridのメーターパネルは、スピードメーターの両脇に、LCDディスプレーを配置。
<スポンサードリンク>

プラグインハイブリット車とは?

ハイブリッドシステムの多様化

低燃費車、エコカー・タイプ別

低燃費車、エコカー、メーカー各社比較

代替燃料

メリットばかりでデメリットは無い?

優遇税制のメリット

低燃費車、エコカー新着ニュース

エコカー、街で発見!

エコカーの用語解説

リンク集

相互リンク

サイトマップ

個人情報保護方針

スポンサードリンク

>

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 プラグインハイブリット 車,. All rights reserved