「Hi-CT(ハイシーティ)」 TOYOTA-プラグインハイブリッド車

次世代都市型スタンダードヴィークルとしてのHi-CTは若年世代に嗜好や生活の中から生まれたもので、車両全体は軽自動車よりも短いサイズとなり、全高を高くした独特のスタイルとデザインは若者を意識した作りとなっており、日欧の若手デザイナーのみで構成されるチームが企画したモデルだ。
若者世代ユーザーのニーズを意識してイメージしたデザインは[アンバランス」というテーマで作られた。
その一端は車両後部にも現れており、自転車やサーフボードが後部デッキに積載可能でトランクボックスもあり取り外し可能なデタッチャブル式となっている。
外部の電源から充電できるプラグインハイブリッド方式を採用しており、クルマの床下に電池を搭載しているので高効率で車高が高いハイアングルのデザインになっている。
また、電力の有効活用ということでプラグインハイブリッドシステムで蓄電した電力は無駄なく活用できるようにAC100Vのアクセサリーコンセントも設置されているので、モバイル機器などさまざまな用途に対応して電力供給を可能にしている。


トヨタのプラグインハイブリッド車、「Hi-CT(ハイシーティ)」プラグインハイブリッドカー、「Hi-CT(ハイシーティ)」のプラグ差込口

プラグインハイブリッドカー、
「Hi-CT(ハイシーティ)」の
プラグ差込口






全長×全幅×全高:3,330mm×1,695mm×1,780mm、
ホイールベース:2325mm


<スポンサードリンク>

プラグインハイブリット車とは?

ハイブリッドシステムの多様化

低燃費車、エコカー・タイプ別

低燃費車、エコカー、メーカー各社比較

代替燃料

メリットばかりでデメリットは無い?

優遇税制のメリット

低燃費車、エコカー新着ニュース

エコカー、街で発見!

エコカーの用語解説

リンク集

相互リンク

サイトマップ

個人情報保護方針

スポンサードリンク

>

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 プラグインハイブリット 車,. All rights reserved