日立maxell、高性能燃料電池を実現可能な新触媒を開発。

燃料電池には高価なレアメタルの白金(Pt)が欠かせないとされ、量産化に向けての大きなハードルとなっていたが日立マクセル株式会社は、燃料電池の電極に使用される酸素還元用触媒として、白金(Pt)よりも単位面積当たり約4.8倍の酸素還元電流を発生する、粒子サイズ2〜3nm(ナノメートル)の高活性な金白金(AuPt)触媒を合成する新しい技術を開発し、燃料電池の高性能化を実現しました。


固体高分子型燃料電池は、家庭用電源や自動車用バッテリーなどクリーンエネルギーとして注目される反面、現在使用されている白金(Pt)は非常に高価な希少貴金属であり、これまでは燃料電池のコスト低減の障害となっていました。
そのため燃料電池の価格低減には白金の使用量を抑制することと、白金の触媒活性の向上が普及に向けての重要な課題となっている。

高活性な金白金触媒を合成する新技術により、燃料電池の電極付近の強酸性の状態のために鉄などの容易に酸化する金属は溶解してしまう問題を解消。


新触媒の特徴
○粒子サイズ2〜3nm(ナノメートル)の高活性な金白金(AuPt)触媒を合成。

○白金(Pt)触媒と比較して、4.8倍の単位面積あたりの酸素還元電流を実現。

今後は白金などレアメタルの再利用のためのリサイクルなど、さらなる社会インフラの整備と体制作りが望まれます。


<スポンサードリンク>

プラグインハイブリット車とは?

ハイブリッドシステムの多様化

低燃費車、エコカー・タイプ別

低燃費車、エコカー、メーカー各社比較

代替燃料

メリットばかりでデメリットは無い?

優遇税制のメリット

低燃費車、エコカー新着ニュース

エコカー、街で発見!

エコカーの用語解説

リンク集

相互リンク

サイトマップ

個人情報保護方針

スポンサードリンク

>

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 プラグインハイブリット 車,. All rights reserved