「プレマシー ハイドロジェンREハイブリッド」でマツダ、国土交通省大臣認定を取得

マツダが開発中の水素ロータリーエンジン車「マツダ プレマシー ハイドロジェン RE ハイブリッド」は圧縮水素(350MPa)、ガソリン燃料のどちらでも走行可能なヂュアルフューエルシステムを採用したバイフューエル仕様の水素ロータリーエンジン搭載モデルが国交省の大臣認定を受け、今後各地で公道走行テストを行う。
以前から2008年度中のリース販売予定とされていたがこれで確実にまた前進することになる。

「マツダ プレマシー ハイドロジェン RE ハイブリッド」は、既に実用化されている「マツダ RX-8 ハイドロジェンRE」と共に2008年7月「G8北海道洞爺湖サミット」開催期間中に行われる「環境ショーケース」に提供されデモンストレーション走行と展示が行われる。

2007年開催の東京モーターショーですでに公開されたときにそのポテンシャルは高い評価を受けており、水素使用時の航続距離が約2倍の200km、乗車定員5名と荷室容量拡大を実現、マツダ独自開発の水素ロータリーエンジンとハイブリッドシステムは出力も約40%改善されている。

優れたエネルギー効率とハイレスポンスを実現しながら、低燃費と同時にダイレクト感のある力強い走ることの楽しさを表現している。

その他にも、「帝人」などとの共同開発で可能となった植物由来100%のバイオ繊維「マツダ バイオテックマテリアル」を内装材としてプラスチック部品やシート表皮に採用しており、CO2排出削減という環境負荷にも貢献したエコなクルマを前面に打ち出している。


●(注)バイフューエル仕様ロータリーエンジンは発電機としてのみ使用され、駆動する出力は電動モータから得るシリーズハイブリッドシステム搭載車。
マツダのハイブリッドシステムは、水素ロータリーエンジン、ジェネレーター、インバーター、モータ、バッテリーで構成され、それぞれの運転状況に応じて発電、充電、放電が最適にコントロールされている。

「Mazda Premacy Hydrogen RE Hybrid」の主要諸元は当サイトでも紹介しています。
<スポンサードリンク>

プラグインハイブリット車とは?

ハイブリッドシステムの多様化

低燃費車、エコカー・タイプ別

低燃費車、エコカー、メーカー各社比較

代替燃料

メリットばかりでデメリットは無い?

優遇税制のメリット

低燃費車、エコカー新着ニュース

エコカー、街で発見!

エコカーの用語解説

リンク集

相互リンク

サイトマップ

個人情報保護方針

スポンサードリンク

>

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 プラグインハイブリット 車,. All rights reserved