プラグイン ハイブリッド,電気自動車の充電が自宅で可能な住宅

電気自動車(EV)やプラグインハイブリッドカー(PHEV)に対応した分譲戸建住宅が伊藤忠都市開発で2008年中に発売される。
三菱自動車は2009年中に電気自動車「i MiEV」アイミーブを発売予定、トヨタはプラグインハイブリッド(PHEV)の自動車や電気自動車、日産自動車も市販化を計画しており、こうした自動車各社に対応すべく、駐車場に200Vのコンセントを標準装備した省エネ型住宅を環境意識の高い顧客層の需要に対応する。
すでにトヨタホームや住生活グループなども取り組んでおり、トヨタホームでは「住宅の外壁」に燃料電池や太陽光・太陽熱を省エネ・低コストで発電に利用したハイブリッド住宅を提案。
太陽電池は外壁にも組み込まれて住宅全体で発電を行い、光触媒のコーティングで汚れから外壁を守る。
「ガレージでプラグインハイブリッドカーに充電」可能で、災害などの停電時には、プラグインハイブリッド車やプリウスのバッテリーを利用して家庭内に電力供給できる。家庭内で200V電源からプラグインハイブリッドカーに充電が可能。

今後、住宅にも二酸化炭素(CO2)削減を取り組んだ戸建住宅の開発が進行するもよう。

すでに神奈川県横浜市には今秋発売予定の「クレディアコート北山田」が完成し、プラグインハイブリッド電気自動車対応住宅として家庭で充電の利便性が配慮されている。
導入コストは販売価格に転嫁せずに販売効率の改善で吸収するとされており、屋外に設置された200Vのコンセントは居住者以外が無断利用できないように工夫されている。

自動車への充電には通常の100Vと比較して200Vの方が充電時間の大幅な短縮が出来、将来EVやPHEVを購入したときに充電用の配線工事が不要で、深夜の夜間電力を利用することで割安な電力が活用できる。

これに対し、住生活グループは三菱商事、東京工業大学などと共同で太陽光発電をプラグインハイブリッド電気自動車に利用可能な家庭用充電装置を開発している。

これらにより、EV普及が一気に加速される可能性があり各県の補助金創設もEV やPHEVの普及に積極的になるもよう。


<スポンサードリンク>

プラグインハイブリット車とは?

ハイブリッドシステムの多様化

低燃費車、エコカー・タイプ別

低燃費車、エコカー、メーカー各社比較

代替燃料

メリットばかりでデメリットは無い?

優遇税制のメリット

低燃費車、エコカー新着ニュース

エコカー、街で発見!

エコカーの用語解説

リンク集

相互リンク

サイトマップ

個人情報保護方針

スポンサードリンク

>

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 プラグインハイブリット 車,. All rights reserved