北京オリンピックで走行する水素自動車!

急速な発展と進化を遂げる中国。その中国でも環境汚染は深刻な社会問題となりつつある。
その中国政府は水素技術の開発を推進、北京オリンピック、上海EXPO、までに水素供給ステーションを20箇所に設置する大規模プロジェクトを行う。。それに伴い北京オリンピックでは3,000台の水素自動車と100台の水素バスを走行させ、2010年の上海Expoでは1,000台の水素タクシーと水素バスの走行を実現させるという。
2007年中にはLinde GasとShell Hydrogen、上海同済大学の協力のもと水素供給ステーション第一号が建設予定となっている。


<スポンサードリンク>

プラグインハイブリット車とは?

ハイブリッドシステムの多様化

低燃費車、エコカー・タイプ別

低燃費車、エコカー、メーカー各社比較

代替燃料

メリットばかりでデメリットは無い?

優遇税制のメリット

低燃費車、エコカー新着ニュース

エコカー、街で発見!

エコカーの用語解説

リンク集

相互リンク

サイトマップ

個人情報保護方針

スポンサードリンク

>

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 プラグインハイブリット 車,. All rights reserved