「大気(たいき)」、マツダのコンセプトカー!

スポーツクーペ「マツダ大気(たいき)」は、まるで2枚の羽衣が舞い降りてくるような幻想的なイメージの形状で、空力特性を計算にいれたテクノロジーとデザインが合体融合したFRスポーツとしての次世代の可能性を示唆している。
「Nagare(流れ)」デザインの第4弾「マツダ大気」は、「マツダ流(ながれ)」、「マツダ流雅(りゅうが)」、「マツダ葉風(はかぜ)」、と進化させてきた次世代向けの未来探求型のコンセプトカーで、そのフォルムはまるで地球環境をとりまく大気のような印象を与える。
「マツダ流(ながれ)」「 開放的な感じの全面クラスキャノピーが「大気」のプロポーションでFRレイアウトのクーペフォルムはさらりと伸びのある感覚がこのクルマを包む。
次世代ロータリーエンジン搭載し、全長4620×全幅1950×全高1240×ホイールベース3000mm、 2シーターFRのライトウエイトパッケージであり、将来のFRスポーツモデルを表現している。

  
次世代ロータリーエンジン搭載、「マツダ大気(たいき)」主要諸元
項目数値
全長(mm) 4,620mm
全幅(mm) 1,950mm
全高(mm) 1,240mm
ホイルベース 3,000mm
排気量 1,600cc(800cc×2),(現行RENESISの650cc×2)
トランスミッション 7速/ツインクラッチ式
パワートレーン 次世代RENESIS,ロータリーエンジン16X
CD値 0.25
サスペンション 前後ダブルウィッシュボーン
乗車定員 2名(2シーター)

「マツダ葉風(はかぜ)」
走る歓びと環境・安全性能の調和を目指す「“Zoom-Zoom”のさらなる進化」をテーマにあげるマツダはインテリアでもデザインは特徴的で、風を受けて流れる鯉のぼりをインスパイアして「エアチューブ」をコンセプトに、ダッシュボードやシート、ドアトリムには風の動きを目視で体感可能なスペースを制作した。
特徴あるロータリーの形状をしたステアリングにも工夫がされており、組み込まれたマルチコントロールスイッチを使用することでステアリングから手を離さずに楽に運転操作ができる。




このページ、トップへ!

<スポンサードリンク>

プラグインハイブリット車とは?

ハイブリッドシステムの多様化

低燃費車、エコカー・タイプ別

低燃費車、エコカー、メーカー各社比較

代替燃料

メリットばかりでデメリットは無い?

優遇税制のメリット

低燃費車、エコカー新着ニュース

エコカー、街で発見!

エコカーの用語解説

リンク集

相互リンク

サイトマップ

個人情報保護方針

スポンサードリンク

>

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 プラグインハイブリット 車,. All rights reserved