「クロスケージ」SUZUKIの空冷式燃料電池搭載エコバイク

スズキの空冷式燃料電池システムを採用したクロスケージ(crosscage)というバイク、この写真でもわかりますがクロス(X)型の強固なフレームで水素タンクが保護されている。
スズキの次世代エコバイクと言われる燃料電池搭載の「クロスケージ」!
スズキは2輪車のスポーツタイプに燃料電池を搭載して燃料電池車として「クロスケージ」という名前で発表。バイクの燃料電池車だからCO2の排出量は0(ゼロ)になりエンジンの騒音や振動も限りなくゼロに近いことになる。燃料電池の発熱に対する冷却装置には、より小型の「空冷式」を採用して比較的大きな水冷式から脱却。《crosscage》というネーミングの由来は、クロス(X)型の強固なフレームで水素タンクをガードしていることによる。無駄のないレイアウトは燃料電池を上部に配置し、下部にリチウムイオン電池というところでも生かされている。水素タンクの下部には2次電池を配置し、その左横にモーターコントローラー、後輪にモーターを設置している。空冷式燃料電池システムという英国のインテリジェントエナジー社製(低燃費性能と素早い起動を特徴とする。)を使用してのモーターサイクルでの実現性の高いコンセプトモデルだ。
これまで二輪車は普通自動車に比べて燃費がよいことから環境への対応は後回しにされていた感があったがバイク業界もこれで「環境に対する負荷軽減」というテーマに一歩前進することになる。


「Well-to-Wheel」とは、資源の採掘、精製、輸送、そして走行に至るすべてのステージで消費されるエネルギーやCO2排出量をトータルで見る考え方。

  
空冷式燃料電池システム、主要諸元
メーカー Intelligent Energy社
形式 固体高分子型
冷却方式 空冷
燃料供給圧力 3.0bar G
システム効率 50%(LHV)
騒音レベル <62 dB 1m
水素利用率 >98%

空冷式燃料電池システムの特徴

○低温・低圧・空冷方式によるシンプル・小型・軽量な燃料電池システム
○シンプルなシステム構成による高パワー密度・高エネルギー密度の実現とメンテナンス頻度の減少。
○低圧ブロアファンの採用による低騒音の実現。
○車載用途に求められる堅牢で信頼性の高いシステム。
○迅速なシステム起動及び停止。



このページ、トップへ!

<スポンサードリンク>

プラグインハイブリット車とは?

ハイブリッドシステムの多様化

低燃費車、エコカー・タイプ別

低燃費車、エコカー、メーカー各社比較

代替燃料

メリットばかりでデメリットは無い?

優遇税制のメリット

低燃費車、エコカー新着ニュース

エコカー、街で発見!

エコカーの用語解説

リンク集

相互リンク

サイトマップ

個人情報保護方針

スポンサードリンク

>

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 プラグインハイブリット 車,. All rights reserved