エネルギー技術を重点支援!(経済産業省)

経産省は20件にわたって、温室効果ガスの排出量を大幅削減する効果的な革新技術を選定しつつその選定案件を重点的に支援すると発表し、2007年度内にCool Earth エネルギー革新技術計画を取りまとめる予定とされる。

経済産業省は、2007年8月から開催している「『《Cool Earth エネルギー革新技術計画》有識者会議」の案件の骨子をとりまとめながら選定。同会議の目標とするものは、2050年までと期限を設定してCO2(二酸化炭素)などの温効果ガス排出量を現在の二分の一にすることです。

今回選定の20件の技術案件は、

(1)天然ガスを用いた高効率的な火力発電。
(2)高効率でゼロ・エミッションな石炭火力発電。
(3)革新的な太陽光発電。
(4)先進的な原子力発電。
(5)超伝導を使用した高効率送電。
(6)高度交通システム。
(7)燃料電池自動車
(8)プラグイン・ハイブリッド 電気自動車
(9)バイオマスからの輸送用代替燃料
(10)革新的材料・製造・加工技術。
(11)革新的製鉄プロセス。
(12)省エネルギー住宅・ビル。
(13)次世代高効率照明。
(14)定置用燃料電池。
(15)超高効率ヒートポンプ。
(16)省エネルギー型の情報機器やシステム。
(17)家庭、ビル、地域でのエネルギー・マネジメント・システム。
(18)高性能な電力貯蔵。
(19)パワーエレクトロニクス。
(20) 水素の製造と輸送、及び貯蔵


(注)
●(3)の革新的な太陽光発電とは、量子ッドットや多接合型などについて、半導体の構造を用いて変換効率を40%以上目指せる技術や新しい材料、もしくは有機系太陽電池技術や超薄膜技術を用いて1kwh当たりのコストを7円以下に抑えて発電可能な技術を指す。

●(13)の次世代高効率照明については、有機EL技術を用いた照明、1501m/W前後の高効率照明などを指す。

●(17)の、家庭、ビル、地域でのエネルギー・マネジメント・システムは、天候に左右される太陽光発電などを従来の電力網に安全に組み込むための技術などを指す。


各案件に対する経産省の支援方法については個別に検討されるという。


このページ、トップへ!



<スポンサードリンク>

プラグインハイブリット車とは?

ハイブリッドシステムの多様化

低燃費車、エコカー・タイプ別

低燃費車、エコカー、メーカー各社比較

代替燃料

メリットばかりでデメリットは無い?

優遇税制のメリット

低燃費車、エコカー新着ニュース

エコカー、街で発見!

エコカーの用語解説

リンク集

相互リンク

サイトマップ

個人情報保護方針

スポンサードリンク

>

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 プラグインハイブリット 車,. All rights reserved