プラグインなど環境対応車用電池生産を、トヨタ・松下倍増計画

トヨタ自動車と松下電器産業の合弁会社であるパナソニックEVエナジー(静岡県湖西市)では、プラグイン ハイブリッド車など環境対応車に搭載する電池の生産を2011年を目途に年産100万台規模に引き上げる計画だ。これは現在の約2倍に相当する。

静岡県湖西市では次世代型リチウムイオン電池の工場を新設、既存拠点の増強、宮城県には現在主流のニッケル水素電池の工場新設などで対応し、重要な基幹部品である電池生産分野で競合他社を圧倒的に上回る量産体制を整えることで、トヨタの環境対応戦略を支える。
現在主流のニッケル水素電池より小型・軽量で充電容量が大きく、車体の軽量化や燃費効率改良に優れた次世代型リチウムイオン電池を搭載した「プラグイン ハイブイリッド車」を2010年には実用化されるのに伴い必要とされ増強される。年産数万台規模での供給体制と思われる。

2007年、トヨタのハイブリッド車の世界販売台数は約43万台、2位のホンダは約5万台強。
トヨタは世界販売台数1千万台強の10%をハイブリッド車にする100万台体制を整える。

ハイブリッド車を重要な収益源に育成するためには、現行のニッケル水素電池の生産体制を引き上げ量産効果で生産原価を低減することで車両価格の引き下げにつながり、次世代リチウムイオン電池との両にらみで家庭で充電可能なプラグインタイプの生産拠点を設置することで本格的な早期事業化を確立する目的がある。豊富な資金力とこれまで培って蓄積した電池技術の両面でより環境に対応した クルマの優位性を固める世界戦略だ。


  
世界主要自動車メーカーのハイブリッド車、電気自動車の投入計画
トヨタ自動車 家庭の電源から充電可能なプラグイン ハイブリッド車を2010年に投入予定。ハイブリッド車の世界販売台数を2007年比較で2倍強の年100万台にする。
ホンダ 05年発売の「シビック」ハイブリッド車と合わせ、 2010年代にはハイブリッド車を4車種そろえ、全体で07年比較9倍の年間50万台の販売を見込む。
日産自動車 2010年にハイブリッド車、電気自動車を投入し、1万3千台を見込む。
三菱自動車 「i MiEV」等2009年に電気自動車1,000台を投入予定。
米GM 2010年までにプラグイン ハイブリッド、電気自動車を投入予定。
独VW 2009年にハイブリッド車を投入予定。




<スポンサードリンク>

プラグインハイブリット車とは?

ハイブリッドシステムの多様化

低燃費車、エコカー・タイプ別

低燃費車、エコカー、メーカー各社比較

代替燃料

メリットばかりでデメリットは無い?

優遇税制のメリット

低燃費車、エコカー新着ニュース

エコカー、街で発見!

エコカーの用語解説

リンク集

相互リンク

サイトマップ

個人情報保護方針

スポンサードリンク

>

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 プラグインハイブリット 車,. All rights reserved