「PUYO(プヨ)」という燃料電池車、ホンダのコンセプトカー!

シリコン素材を車体に使用し、プヨプヨのやわらかさで事故のときに歩行者への配慮を表現。「ジェルボディ」を採用した、やわらか素材の小型燃料電池車「PUYO(プヨ)」は、「人と環境にやさしく」というコンセプトで軽い衝突の場合に人への衝撃を緩和しながら、燃料電池車仕様ということで地球環境にもやさしさを配慮。車名の「PUYO(プヨ)」はボディのぷよぷよ感を表現して採用、車体がいろいろな色に光る構造をもち、その光り方で周囲に走行状態を知らせる機能を備える。
環境問題に配慮をされたニュータイプのコンセプトカーと言えそうだ。
全長2.8mと小柄な車体、乗車定員4名というのは燃料電池の小型化で実現、ガルウィングのドアを採用。やさしいほのぼのとした未来型自動車のイメージは、これまでの脱化石燃料でCO2削減というような硬いイメージから脱却した新しい形のクルマのデザインとコンセプト感を表現している。
普通の自動車のようなハンドルではなく、ジョイスティックで運転操作を行う。


「PUYO(プヨ)」というホンダの燃料電池車。やわらか素材の小型燃料電池車「PUYO(プヨ)」は、「人と環境にやさしく」というコンセプトで軽い衝突の場合に人への衝撃を緩和しながら、燃料電池車仕様ということで地球環境にもやさしさを配慮。ホンダの燃料電池車、プヨ。




このページ、トップへ!


<スポンサードリンク>

プラグインハイブリット車とは?

ハイブリッドシステムの多様化

低燃費車、エコカー・タイプ別

低燃費車、エコカー、メーカー各社比較

代替燃料

メリットばかりでデメリットは無い?

優遇税制のメリット

低燃費車、エコカー新着ニュース

エコカー、街で発見!

エコカーの用語解説

リンク集

相互リンク

サイトマップ

個人情報保護方針

スポンサードリンク

>

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 プラグインハイブリット 車,. All rights reserved