スウェーデンSaab社のコンセプトカー、「9-X BioHybrid」

エタノール燃料「E85」を使用できるエンジンとハイブリッドシステムを組み合わせたコンセプトカーを第78回ジュネーブ・モーターショーにて発表した。
GM社の次世代ハイブリッドシステムを採用し、排気量1.4Lの連続可変バルブタイミング機構付き直噴ターボエンジンと組み合わせ、ルーフには太陽電池を搭載し日立ビークルエナジー製Liイオン2次電池には減速時のエネルギ回生を蓄積するほか、太陽電池でも充電する。
このコンセプトモデルは若年層ユーザー向けに製作され、今回世界初登場となる。


Saab社「9-X BioHybrid」、主要諸元
燃料形式 E85を使用した場合ガソリンを使用した場合
形式 HEVHEV
搭載電池Liイオン2次電池Liイオン2次電池
モータジェネレータ採用ジェネレータ採用
エンジン形式 形式直噴ターボエンジン直噴ターボエンジン
最高出力147kW(203PS)147kW(203PS)
最大トルク280N・m/1750〜5000rpm280N・m/1750〜5000rpm
予測燃費15.6km/ℓ20.4km/ℓ
CO2排出量105g/km117g/km
エンジン圧縮比10.2:110.2:1


ただし、表でもわかるように燃料をガソリン、E85、どちらも使用できるようにしたためかガソリン使用時に比べて燃費は悪化するが、CO2排出量は低減できる。
これは燃料使用をE85用に最適化しているため、出力が落ちるという。
リチウムイオン電池は荷物室の床下に設置され、モータはアイドリングストップ時のエンジン再始動や発進時や加速時のエンジントルクをアシストする。


●もう1台の「サーブ9-4Xバイオパワー」は、アウトドア志向のモデルで、2.0ℓバイオ燃料エンジンを搭載し304psを発揮し、サーブXWDシステム(4WD)が組み合わせられる。
若年層ユーザー向けのコンセプトといえるだけあり、今回はサロモンとの共同開発でスキー用品の 収納システムも搭載されている。
Saab社では2007年度においてヨーロッパでのバイオ燃料車の販売台数は対前年比で50%近く増加しており、今後ヨーロッパで販売される主要車種全部のモデルをバイオ燃料車に設定するなど、欧州で増加傾向にあるフレキシフューエル車(ガソリンとエタノールの混合燃料で走行する自動車)の分野でユーザー志向の精神、創意工夫、技術革新、環境保全をはじめとする社会的責務を遂行しつつ業界を主導している。




このページ、トップへ!

<スポンサードリンク>

プラグインハイブリット車とは?

ハイブリッドシステムの多様化

低燃費車、エコカー・タイプ別

低燃費車、エコカー、メーカー各社比較

代替燃料

メリットばかりでデメリットは無い?

優遇税制のメリット

低燃費車、エコカー新着ニュース

エコカー、街で発見!

エコカーの用語解説

リンク集

相互リンク

サイトマップ

個人情報保護方針

スポンサードリンク

>

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 プラグインハイブリット 車,. All rights reserved