スズキ(株)、小型車の燃料電池車「SX4-FCV」で国土交通大臣認定を取得。

2001年から米GM社と燃料電池車を共同開発していたが、小型車「SX4」をベースにGM社製高性能燃料電池を搭載し新たに開発した。これまでの燃料電池車より一段と走行性能が向上されており、これにはスズキ開発の高圧水素タンクと制動時のエネルギー回収や加速時の燃料電池の負荷を軽減するためのコンパクト・軽量のキャパシターが貢献している。
今回発表された「SX4-FCV」で燃料電池車としては4代目の認定取得となるが、軽自動車ベースを除けば初めてとなる。
また、走行距離も改善されており、一度に走行可能な距離を前モデルと比較すると、50km延長されて250kmとなっている。

7月7日から開催される北海道洞爺湖サミット会場に設置される次世代自動車の展示・試乗「環境ショーケース」へ燃料電池車「SX4-FCV」を出展する。

今後、この車両にて公道走行試験が行われ、データを収集しさらに実用化へ向けた開発が進められる。


燃料電池車「SX4-FCV」、主要諸元
全長(o) 4,190mm
前幅(o) 1,730mm
全高(o) 1,585mm
乗車定員 5名
ホイールベース 2,500mm
燃料電池出力 80kW
モーター出力 68kW
燃料タンクタイプ 70MPa高圧水素タンク
燃料 高圧水素
高電圧電池タイプ キャパシター型
加速時間 11,0秒
最高速度 150km/h
航続距離(一充填当) 250km




<スポンサードリンク>

プラグインハイブリット車とは?

ハイブリッドシステムの多様化

低燃費車、エコカー・タイプ別

低燃費車、エコカー、メーカー各社比較

代替燃料

メリットばかりでデメリットは無い?

優遇税制のメリット

低燃費車、エコカー新着ニュース

エコカー、街で発見!

エコカーの用語解説

リンク集

相互リンク

サイトマップ

個人情報保護方針

スポンサードリンク

>

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 プラグインハイブリット 車,. All rights reserved