代替燃料って?

代替燃料とは、化石燃料であるガソリンや軽油に代わる燃料のことです。そのなかに(バイオマス)という生物や植物系の資源を使用した燃料があります。今、話題なのはトウモロコシやサトウキビから作るエタノールが注目で、アルコール燃料の一種としてガソリンと混合して使います。代替燃料にはほかにも合成燃料があります。天然ガスや産業廃棄物などから作る合成燃料にDME(ジメチルエーテル)がある。プロパンガスのような特性があり、中国ではプロパンガスと混ぜて使用している.。このような代替燃料は、有毒ガスやCO2が極端に少ないという特性があって、地球温暖化対策にも適応した、環境規制にもハードルが低い理想的な燃料といえます。
一方、問題点も指摘されています。世界の食糧事情が一変しかねないからです。メキシコなどは以前から余剰のトウモロコシを利用してエタノールなどのアルコール燃料の生産を行ってきました。ところが、世界中でエタノールが注目されだすと各国で輸入や生産に取り組み、食料としてのトウモロコシが不足し高騰する事態にまでなっています。バイオマス燃料が自国で生産し消費するからこそ低価格が実現できますが、日本などが輸入するとすれば、輸入コストや運搬にかかる船の燃料が排出するCO2について考えると削減効果は認められません。かえってコスト高になり、地球環境にも相反することになります。
バイオマスとは?
もともとはバイオ(生物)+マス(一定)を合体させた造語で、サトウキビ、トウモロコシ、雑草、チップ廃材、使用済み食用油、食品廃棄物などの有機物をバイオマスエネルギーとして活用できます。
世界で注目されているのはブラジルで、自国のサトウキビをエタノール燃料として仕様するプロアルコール計画を推進している。

バイオマスのメリットは?
ガソリンと混合して使用できるので、全ての自動車の燃料であるガソリンや軽油の消費を抑制できる。
約10%ほど混合しますが、京都議定書以来CO2排出削減には一番近道の方法ともいえる。


<スポンサードリンク>

プラグインハイブリット車とは?

ハイブリッドシステムの多様化

低燃費車、エコカー・タイプ別

低燃費車、エコカー、メーカー各社比較

代替燃料

メリットばかりでデメリットは無い?

優遇税制のメリット

低燃費車、エコカー新着ニュース

エコカー、街で発見!

エコカーの用語解説

リンク集

相互リンク

サイトマップ

個人情報保護方針

スポンサードリンク

>

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 プラグインハイブリット 車,. All rights reserved