ecocar減税、HV,PHEV,EV,FCHV,で10万円強の減税額

「エコカー減税」が平成21年度より実施される予定だが、どのような内容であろうか。
エコカーと呼ばれるHV(ハイブリッド車),EV(電気自動車)などの「次世代車」は環境に優しい自動車なので自動車重量税,自動車取得税を減免するものです。ハイブリッドカーで約10万円強の税額控除のもよう。

新年度から施行される新自動車税制の内容はすでに販売されているハイブリッド車を含めて、FCHV(燃料電池自動車),EV(電気自動車)などは自動車取得税、自動車重量税が100%免除され、各エコカーの環境に性能レベルに応じて3段階に分かれていて50%,75%,100%減免される仕組みです。

一例をあげると、現行プリウス(新型モデルではない)は125,000円の減免、ホンダ「インサイト」では108,500円の減免ということになりそうだ。

ハイブリッドカー以外でも、窒素酸化物(NOx)排出量が排ガス規制基準値(平成17年実施)が75%以上少なく、燃料消費性能がガソリン車で平成22年度基準値を25%以上クリアすれば取得税、重量税ともに75%減免になる。例えば、ニッサンの「セレナ」は75%減免対象車種であり、111,300円安くなる。
これらはホンダ「フィット」、トヨタ「ヴィッツ」などにもあてはまり自動車産業界では需要喚起の起爆剤と期待されている。


<スポンサードリンク>

プラグインハイブリット車とは?

ハイブリッドシステムの多様化

低燃費車、エコカー・タイプ別

低燃費車、エコカー、メーカー各社比較

代替燃料

メリットばかりでデメリットは無い?

優遇税制のメリット

低燃費車、エコカー新着ニュース

エコカー、街で発見!

エコカーの用語解説

リンク集

相互リンク

サイトマップ

個人情報保護方針

スポンサードリンク

>

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 プラグインハイブリット 車,. All rights reserved