プラグインハイブリッド車やエコカーの難解用語解説(2)

近未来カーのついての難解用語解説
用語説明
LRTLight Rail Transitの略で、ライトレールとは、軽量軌道交通のことをさす。低床式車両路面電車の使用による「人と環境に優しい乗り物」として、また中心市街地活性化の手段のひとつとして、注目を集めています。2006年4月には58年ぶりの新設路面電車として富山ライトレールが開業し、その成り行きが注目されています。
LRVLight Rail Vehicle の略で、LRTに使用する車両のことを指す。
LNG車Liquefied Natural Gas(液化天然ガス)の略で,メタン(CH4)を主成分とする気体をマイナス160℃程度まで冷却して液化したもので、排出するCO2が石炭や石油よりも少なく、環境負荷が低い。
MEAMembrane Electrode Assemblyの略であり、
高分子電解質膜に触媒を塗布した電極複合体
MRミッドシップエンジン・リヤドライブ駆動
NEDO新エネルギー・産業技術総合開発機構の略称。日本では最大規模の中核的な研究開発実施機関であり、日本の産業技術と環境技術・エネルギーの研究開発及びその普及を推進する非常に重要なミッションを担当しています。
NOx窒素酸化物 のことで、一酸化窒素(NO)と二酸化窒素(NO2)が主成分です。
SCR尿素Selective Catalytic Reduction 選択還元触のことで、尿素SCR還元システムとは日産ディーゼルやダイムラーが実用化に向けて開発しているディーゼルエンジンの排出ガス浄化の技術です。
SCMG「 Shape-Controlled-Micro-Graphite」の略で、大型Liイオン2次電池向けの黒鉛負極材のこと。
PHV(PHEV)Plug-in Hybrid Vehicle プラグインハイブリッドカー。一般の家庭用電源コンセントでバッテリーを充電できる新しいタイプのハイブリッドカー。充電用バッテリーとガソリンエンジンを搭載し、坂道やブレーキ時に回生エネルギーを電池に蓄電し再利用する。iusなどの従来のハイブリッドカーをプラグインハイブリッドカーに改造するキットがアメリカのベンチャー企業で販売され、GMやトヨタなどが積極的に開発を進めている。
PMParticulate Matterの略称で、粒子状物質のこと。
SULEVsuper-ultra low-emission vehicleの略称。
「有害な排気ガスをほぼ出さない自動車」もしくは「極低排出ガス車」のこと。認定適合車は世界最高水準の排出ガスレベルを実現したクリーンな自動車と言える。
SUVSport Utility Vehicleの略称で、日本ではRV(Recreational Vehicle)と呼ばれているクルマのこと。
2モード・ハイブリッド低速モードと高速モード用の2つのモーターを備えて、夫々を状況に応じて切り替えて使用するハイブリッド・システムのこと。主に米General Motors社、Daimler社、ドイツBMW社、などが採用している。
超伝導金属を一定温度まで冷却したときに電気抵抗がゼロになる現象のこと。この結果、エネルギーを無駄なく使用することが可能になり、空気中に無駄な熱を放出することもなくなる。自然環境に及ぼす悪影響も低減でき、従来比で200倍以上の電気を流すことができる超伝導は、各種装置をさらに小型化、軽量化を可能にし経済性も向上する。
VDIMVehicle Dynamics Integrated Managementを略したもので、トヨタのシステムのひとつで予防安全性能を確保する
ZEV(無公害車)EV規制、Zero Emission Vehicleの略称で、1990年代の初頭,カリフォルニア州内で自動車メーカーが販売する車両が年間35,000台を超えると、その自動車メーカーに対して、販売する自動車の10%を無公害車にすることを義務付けるカリフォルニア州の規制法。


このページ、トップへ!

<スポンサードリンク>

プラグインハイブリット車とは?

ハイブリッドシステムの多様化

低燃費車、エコカー・タイプ別

低燃費車、エコカー、メーカー各社比較

代替燃料

メリットばかりでデメリットは無い?

優遇税制のメリット

低燃費車、エコカー新着ニュース

エコカー、街で発見!

エコカーの用語解説

リンク集

相互リンク

サイトマップ

個人情報保護方針

スポンサードリンク

>

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 プラグインハイブリット 車,. All rights reserved