メリットとデメリット!ガソリン車と、プラグインハイブリット車やEVなどと比較!

メリットとデメリット

ガソリンエンジン車と、プラグインハイブリット車や燃料電池車、天然ガス自動車、電気自動車、水素自動車、EVなどと比較してメリットばかりでデメリットはないのかと言うと、やはり、メリットばかりとはいかないようです。第1に騒音のことがあります。第2には、自動車産業そのものの産業構造が変わってしまいます。なぜかというと、エンジン搭載車両と非エンジン搭載車両が混在したモータリゼーションの世代になる可能性が濃厚になりました。


●騒音というより、ガソリンエンジンを使用した自動車独特のノイズ、もしくはエンジン音などのメカニカルな音と言ったらいいのでしょうか。それらの音が歩行者や自転車、バイクのドライバーなどに「自動車が近づいてきてますよ」という、一種の警告をしていた側面があります。ところが電気自動車や燃料電池車、水素自動車などガソリンエンジンを使わなく(もしくは、一部しか使用しない。)なると、歩行者などは、クルマが近づいてきていることさえ気づかない危険性が出てきました。


●燃料電池車やEV車両は内燃機関を原動力としてクルマを走行させてない。
燃料電池車は水素を燃料として発電機能をもった燃料電池と、モーターで走行します。
国の「JHFC(水素・燃料電池実証プロジェクト)」は2006年3月で終え、5年計画の「JHFCU」に入りました。限られた石油資源と地球温暖化は自動車産業を脱石油へとっ向かっています。
自動車はエンジンを中心にさまざまな部品で構成されています。つまり、自動車産業は現在まで、ガソリンエンジンを主体に産業構造が成り立っています。それらがガソリンエンジンを必要としなくなり主に燃料電池やバッテリーが主体になると、これまでガソリンエンジンの部品を作っていた協力メーカーは、必要とされなくなります。EVとエンジン車両のパーツは3倍も違うと言われています。単純計算では協力メーカーは3分の1に減ってしまうということ
になります。変わって、バッテリーを作る会社や燃料電池を製作するメーカーが主体になります。
すると、どうなるでしょうか?自動車産業を支える下請けメーカーを含めて、産業構造そのものが一変してしまいます。雇用規模も縮小されると考えられます。

●エンジン車両は生き残れない?
今、ガソリンエンジン車両に求められているのは、地球温暖化防止のためにCO2(二酸化炭素)の削減があります。
  1・・徹底的な燃費向上
  2・・石油代替エネルギーの開発(天然ガスやバイオマスエネルギー)

ガソリンエンジン車両の燃費を2倍に向上させることは可能か?
日本、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、カナダ、ロシヤ、欧州連合が参加する先の主要国首脳会議(G8)では2050年のCO2の排出量を2分の1に削減するという発表がありましたが自動車にあてはめて考えてみるとこの目標値はガソリン車には不可能な目標と言わざるをえないのです。
この目標値を可能にするためにはEVやプラグインハイブリット車、ハイブリット車であれば燃費を2倍
に向上させることが可能になります。仮にガソリンの価格が現在の2倍に高騰してもなんとかやっていけますし、CO2の排出量も半分に削減可能になります。ここに自動車メーカーがプラグインハイブリット車やハイブリット車の開発に生き残りをかけて凌ぎを削っていると言ってもいいと思います。


<スポンサードリンク>

プラグインハイブリット車とは?

ハイブリッドシステムの多様化

低燃費車、エコカー・タイプ別

低燃費車、エコカー、メーカー各社比較

代替燃料

メリットばかりでデメリットは無い?

優遇税制のメリット

低燃費車、エコカー新着ニュース

エコカー、街で発見!

エコカーの用語解説

リンク集

相互リンク

サイトマップ

個人情報保護方針

スポンサードリンク

>

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 プラグインハイブリット 車,. All rights reserved